<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
あおいけあ日誌
神奈川県藤沢市で福祉サービスを提供しております「株式会社あおいけあ」のブログです。
■デイサービスいどばた
■グループホーム結
■小規模多機能型居宅介護おたがいさん
…の各施設スタッフによる各施設の日常をお送りいたします★
2012年11月「かながわ福祉サービス大賞」をいただきました!驚いたことにこのブログ、年間10万アクセス超えています。
<< 稲作り 開始!! | main | 5月の第2日曜日 >>
私のつぶやき(初回長編番)
0
     私(スーパーKの一人称)の状況をすぐそばで見てるスタッフの代筆ツイートです。
    ターミナルも含めた介護を行っています。
    時々つぶやくとのことです。 
    byしゃっちょ
     



    平成13年12月1日、グループホーム結が開設した。

     私(スーパーKさん)はその時からここに居る。今年98歳になるけれど、今では、僅かな水分と食事しか摂れなくなってきていて、随分としんどくなってきておるんよ。もうやめたいって思うこともあるけれど、やり残したこと、気がかりなこと、あの時どうしてああせんかったかって後悔することなんか色々あって、やめられないから、毎日、気力を振り絞って生きとるんよ。最期は笑顔で『グッドバイ』で終わりたいねぇ。

     ここへ来てしばらくは、自分が何故ここへ来たのかがよく分からなくて、自分の物は無くなってしまっているし、どうなってしまうのか、とにかく不安で頭がおかしくなりそうだったね。それでも、自分が前の家を引き払って越してきたことや旦那が死んで一人になったことを少しずつ思い出す事ができて、頭の中が整理されたら落ち着けたよ。どこかへ出かけてここへ戻れば「あ〜我が家へ戻った」って思ったし、「一生いていいんだよ」って言って貰えると本当に安心できたんだよ。
     毎日多少分からない事があって困っても、少し声をかけて貰ったり、やり方の説明をして貰えれば、たいていのことはやったんだよ。掃除・洗濯・買い物・料理・おしゃべり、何だって私の右に出るもんはなかったよ。戦後の大変な時代を生き抜いてきたんだから、何だって自分でやれるもんさ。そうやって生きてきたんだ。息子が一緒に住もうなんて言ってくれたこともあったけれど、気を遣うのが嫌だったから、突っぱねてきたんだ。ここで、皆と暮らしていればその方が気楽だったんだよ。

     それでも、少しずつ、分からない事が増えてきて、それまで口に出したこともない様なことが口をついて出てき始めたよ。お母さんのことが心配で心配で仕方なくなってきたんだ。平成18年8月、初めてお母さんを探しに外へ飛び出したんだ。この頃からかなぁ、「いっちょー分からん」って毎日叫んでいたよ。頭の中がぐちゃぐちゃになってしまって、何が何だか分からないんだ。自分が分からない事が分かるって、かなり辛いことなんだよ。他の人からも余計なことを言われたりして、傷ついたねぇ。色々な事が分からないっていったって、人から馬鹿にされていることはしっかり分かるもの、たまらないよ。

     色々なことが分からないから「自分は馬鹿になった」って思うけれど、何も分からない訳じゃない。皆がどう思っているのか、そんなことはよく分かるし、その時その時、色々なことを考えているし、その時その時が真剣、どれも本当の私だね。ここから私が過去(ここ1、2年)に言った言葉を並べてみようかね。

     『いろんなことがあったけどいい人生だったね ; ある朝、目覚めて起き上ったときに

     『大変なことがいっぱいあったけど、その時一生懸命頑張ったから、思いだしたときに辛くないの。よくやったと自分を誉められるから』 ; 戦後引き上げの時の話をした後で

     『お母さんを道端に捨ててきてしまった、もう死んじゃってるかもしれない、探さなくちゃ』 ; と外へ

     『考えているうちに、何を考えていたかを忘れちゃうのよ』 ; ソファーでぶつぶつ言いながら考え事をした後で
     
     『一生懸命考えてもさっぱり分からん、もう疲れたから考えるのをやめよう』 ; ソファーでボーっと考えた後でふと我に返った様子

     『こんなことも出来なくなっちゃうんだねぇ』 ; 着替える時にシャツの着方が分からず悲しげに

     『歌をうたっていると何も考えなくていいから楽しいねぇ』 
     『こんな私が生きている意味って何なんだろうね』 

     今年に入ってからは、ますます、こんがらがるばっかりでね・・・春頃からはめっきり気が弱くなってきとるよ。

     『死って暗いね、死ぬのは怖いよ、死にたくないよ』
     『頑張ったのに辛いことばかりだ』
     『お母さんは私のこと嫌いなんだよ、どうしてだろう』
     『もうやめた、もう死のう』『もう頑張れん』
     
     毎日気持ちの波がうねっとるよ。でもね、私は毎日精一杯生きとるよ。力が入らない時の方が多いんだけど、こんなに小さな体で必死で生きとるよ。だから、その証に私の心の声を記すんだよ。

    ガラスの下駄@結
    スーパーKのツイート@結 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    この記事に対するトラックバック