<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
あおいけあ日誌
神奈川県藤沢市で福祉サービスを提供しております「株式会社あおいけあ」のブログです。
■デイサービスいどばた
■グループホーム結
■小規模多機能型居宅介護おたがいさん
…の各施設スタッフによる各施設の日常をお送りいたします★
2012年11月「かながわ福祉サービス大賞」をいただきました!驚いたことにこのブログ、年間10万アクセス超えています。
<< お花のお師匠様・・・4コマで。 | main | よーいドン! >>
なんぞ舞い降りたか???
0
     いったい、今日は何が起こったのでしょう?

    菩薩様のおしゃべりが止まりません。まるで何かが降臨したか???の如く、一方通行で内容はわかりませんが、とっても楽しそう

    この頃は、体力的に長時間の参加は難しくなっていたウクレレの会にも、フル参加

    突然に床を磨きだし、働き者の母健在

    そんな日がまる二日続いた後、すっかりと疲れ果ててしまったみたい。大好きな娘のSさんが来たけれど、深い眠りに落ち起きません。いやぁ、何だったのだろうか?あの二日間は、いったい・・・

     

     ゴシゴシ、ピカピカ


    夕方に下へ来た時には、Sさんが置いていってくれたおはぎをパクリ
    夕飯の時にもパクリ。 
    Sさん、ご馳走様でした。



    私ごとではありますが、高校時代の剣道部で稽古をつけてくださっていた、恩師T爺。
    かれこれ○○十年も前のことですが、その時、既に齢70はいっていた様な・・・たまたま実家に帰った折に、卒業生に配られる『うしお』で、剣道部の創部50周年を記念して、この夏に創部祭が企画されるという記事を発見。早速、同期女子で連絡を取り始め、T爺の年の話も交わした数日後、T爺の訃報が舞いこみました。
    96歳だったそうな。辰年生まれにちなんだそのお名前。今年、97歳を迎えるはずだった訳です。亡くなられた3日のつい2日前には、現役剣道部員たちに、関東大会の壮行会において詩吟を披露されたばかりだったとか。全国高齢者剣道大会においても、選手宣誓をすることが決まっておられたそうですから、本当に突然のことだったのでしょう。

    創部祭では、是非とも、その生き様についてお話を伺えれば、なんて思っていたのに。部員たちに披露した『詩吟』ですが、私の現役の時にも、夏休みの合宿で披露&やらされたんですよね。
    「しょおねん〜 おいやすく〜 がくぅううううぅ なりぃがた〜し〜、いっしゅんの〜おぉこおいん〜 」(少年老い易く学成り難し〜)
    うわぁ、信じられません。あの時のT爺が鮮明に思い出されます。

    本日がお通夜で明日が告別式でした。夜勤にて参列できません、この至らぬ教え子をお許しください。
    どんな最期だったのでしょうか。苦しいことはなかったでしょうか。

    どうもありがとうございました。
    心よりご冥福をお祈りいたします。



    ガラスの下駄@結
    結の菩薩様 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    この記事に対するトラックバック