<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
あおいけあ日誌
神奈川県藤沢市で福祉サービスを提供しております「株式会社あおいけあ」のブログです。
■デイサービスいどばた
■グループホーム結
■小規模多機能型居宅介護おたがいさん
…の各施設スタッフによる各施設の日常をお送りいたします★
2012年11月「かながわ福祉サービス大賞」をいただきました!驚いたことにこのブログ、年間10万アクセス超えています。
<< やるっきゃない! | main | 明るいうちからの一杯! >>
若いエネルギー
0
    6月27日 茅ヶ崎リハビリ専門学校の先生と生徒さん22名の方がおたがいさんに来てくれました。

    おたがいさん御利用者・スタッフ合わせて50名近くの大人数 

    お昼は自分たちで作る事に




    まずは御飯をどのくらい用意するかから

    朝9時前から、いらっしゃる方は男性が多く、「俺、やるよ」とS・Tさんがお米を量って

    くれています。いやいや、50名何てどのくらい必要なのか?? 20歳の若者達!!

    3升用意をしてくれています。

    メニューは、先日お伝えしたじゃがいもがいっぱい入ったカレーライス・近所の方から頂いた玉ねぎときゅうりを使って、シーチキンと和えたサラダ・スイカ

    女性陣も揃ったところで、早速昼食準備開始!!

    生徒さんも一緒に野菜切りや釜戸の当番に参加です。

    と、いつもながら写真が無いのが残念ですが



    スイカは全て生徒さん達にお任せです。

    一個のスイカを50人分カット・・・難しそう・・・・・でも、若い脳は計算も早い!!

    手際よく準備

    その隣で



    なにやら切れ端のスイカを生徒さんが内緒でTさんに・・・

    何かいいですね〜 こうやって内緒で食べる物って格別に美味しいですよね〜



    こちらは出来たサラダ。生徒さんの分は紙コップに入れてます。

    その紙コップにお年寄りからメッセージ



    この大鍋にカレー。  ご飯は釜戸と電気釜で。

    今回初めて釜戸を火で焚いた生徒さん達。自分たちで炊いたご飯の味は如何だったのかな?

    昔の人は釜戸でご飯を炊いていたのですから、ホント、ご飯を炊く難しさが分かったのではないでしょうか?

    御飯が炊けるまで、藤沢市と横浜市の境にある境川浄水池まで皆で散策です。

    火の当番もあるので、生徒さんも半分に



    近くにある雲昌寺では、葵の御紋に皆興味深々





    雲昌寺を抜け真っ直ぐ歩いて行くと日大で作っているトウモロコシ畑が一面に広がり、木々に囲まれ、ここは藤沢??と感じさせられる景色

    また、道行く私たちを楽しませてくれる紫陽花やラベンダー

    境川に到着するとシロサギや珍しい鳥が川の魚を求めてなのか集まっていました。

    一寸した散歩だけど、色々な事が発見できたのではないでしょうか?



    ここで少し水分補給

    誰にお願いしたわけでもなく自然といつもの様にお茶を準備してくれているKさんとSさん

    生徒さんも一緒にお手伝い

    お腹を空かせて帰ると、ご飯も炊け、お昼御飯です!!

    食べる前に生徒さんに挨拶をお願い。

    チョット照れながらも頑張ってスピーチ。なのに写真が無くてごめんなさい。・・・







    色々な会話が弾んでいます。



    こちら、イケメン神保先生です。

    生徒さんに慕われているのが一緒にいて凄く感じました。

    イケメンで優しくてホント、癒してくれる先生。うちの娘も今からでも茅ヶ崎リハビリ専門学校に通わないかしら・・・・なんて一寸思ったり






    22名なので室内に入れなかった生徒さん達。暑いのにごめんなさい。

    食事が終わると大量な洗い物。

    でも、若い皆の協力があり、アッと言う間に片付いて

    午後の活動に

    午後は午前中、散策に出ていない生徒さんと御利用者さんとで同じコースを歩き

    その他は、染物を






    ピンクや青に染めて、鍋の周りで小休止





    さて、以前ご紹介した道具を覚えていらっしゃいますか?

    この道具がどの様に使われるのか



    布草履を作る道具です。

    脚の指で紐を引っ掛けるらしいのですが、年を取ると難しくなるのでこのようにSさんが考案しました。



    Sさんの周りは生徒さんが



    Sさんを見習いたいとHさん

    この布草履本当にきっちりと編めています。

    草履と言えば



    玄関に巨大靴!!

    30センチ・・・・・生徒さんの物です。

    これを見つけたS・Hさん。近くにある靴と比べては皆に教えてくれてましたよ



    巨大靴を履いて、「働きなさい!!」とスタッフを・・・

    なんて

    こんなおたがいさんに、良かったらまた来てくださいね。

    神保先生・生徒さん方 ありがとうございました。

    若いエキスをお年寄り・スタッフ一同頂きました。




    ボス@おたがいさん






    おたがいさんのレクレーション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    この記事に対するトラックバック