<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
あおいけあ日誌
神奈川県藤沢市で福祉サービスを提供しております「株式会社あおいけあ」のブログです。
■デイサービスいどばた
■グループホーム結
■小規模多機能型居宅介護おたがいさん
…の各施設スタッフによる各施設の日常をお送りいたします★
2012年11月「かながわ福祉サービス大賞」をいただきました!驚いたことにこのブログ、年間10万アクセス超えています。
<< しんみりと・・・ | main | 夏の暑さ再来〜(・_・;) >>
菩薩様最終回 〜レクイエム〜
0
    Sさん、昨日は結へお越しいただきありがとうございました。おっしゃっていた様に、今後は、お時間のある時に、どうぞ結にボランティアとしていらして下さい。スタッフ一同大歓迎です。

    昨日は、母上を含め、結で天寿を全うされた方々を思い浮かべ、しんみりとしていた所、さゆりさんにお目にかかり、母上の思い出話をしたら、元気になりました。
    これから幾度となくこうして振り返る時があるのでしょうが、Sさん、しっかりとやり遂げましたよね。
    Sさんの涙を私たちスタッフは、どれだけ見たことでしょう。それでも、ああして最期を看取られました。
    私たちスタッフが頑張れたのも、母上の力とSさん、Yさんの力があったからこそです。

    『結の菩薩様』として記事を掲載してきましたが、これが締めになります。母上の「らしい姿」を見てください。

            
                  「お母さん、大好き!!」Sさんの声が聞こえてきそうです。
    お母さんといえば、『紫』『土と共に・那須』『働き者』色々とありますが、やっぱり『お母さん』でしょうか。

    どうぞ、遠慮なさらず、いつでも結へ!!!



    ガラスの下駄@結
     
    結の菩薩様 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - |
    この記事に対するコメント
    お陰様で 最愛の母を弟と二人で悔いなく看取ることができました。

    ここに至るまで、私達家族を支えていただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

    認知症になり、長年生活してきた土地を離れ、
    大切にしてきた家族とも別れて暮らさなければならなくなった母を想い、少しでも安心させてあげたい一心で、時間と体力の許す限り母のもとへと通い続けた四年間でした。「会ったことを忘れてしまう」ことをプラスに考え、送った葉書きは251枚でした。

    母を見送った今、私が寂しさを感じながらも前を向いて頑張れるのは、この四年間 母は幸せだったと実感できたからです。「ありがとう。お世話になりました」母は、感謝の想いを伝えていってくれました。母に幸せなときをたくさんつくってくださった「あおいけあ」のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

    これからも宜しくお願い致します。



    娘 S | 2013/10/12 11:34 AM
    この記事に対するコメント
    Sさん、温かいお言葉をありがとうございます。
    こうしてお目にかかれました事、お母様がとりもって下さったご縁です。また、結でお目にかかりましょう。
    ガラスの下駄 | 2013/10/16 4:45 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    この記事に対するトラックバック